ヨガウェアを着てみた
2018年12月24日

ヨガウェアのパンツの選び方

ヨガウェアのパンツを選ぶときは長さとフィット感がポイントです。

クロップパンツはポーズ中に裾が邪魔にならない6分から7分丈で、サルエルパンツは個性的でどんなポーズでも股の部分が引っ張られないので自由があります。ショートパンツとレギンスだと、ショートだけだと下着が見える恐れがあって抵抗がある時や、レギンスだと身体の線が気になるときに最適です。ヨガを始めるときにスタジオに通うと月額料金や交通費などがかかるので、有名なブランドのヨガウェアを揃えるのも厳しいかもしれません。持っているもので試してみてから合わないものだけ買うという方法もあります。

トップスは手もちの金具がなく速乾性のあるブラトップ、タンクトップを使い、ボトムズはレギンスやトレンカを履いてから、スウェット素材のショートパンツを履いたりと工夫次第で節約も可能です。ヨガウェアのパンツは丈や素材など色々な種類がありますが、人気なのはサルエルです。選ぶときに注意したいのが締め付け感がないことで、サルエルは腰から膝上までゆったりとしてストレスがないリラックス感がある履き心地です。下半身で隠したいウエストやヒップ、太腿などもゆったりとカバーしてくれて、美脚の着やせシルエットも期待出来ます。

膝下からタイトになるのが特徴で、裾部分がタイトになると足さばきの邪魔にならないのでスムーズに動けます。お洒落なシルエットだとヨガ以外にルームウェアや、普段着としても使えますし涼しくて楽な履き心地なので旅行などでも使いやすいです。履き心地やスタイルをすっきりと見せたい人、動きやすいものが良い場合におすすめです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *