ヨガウェアを着てみた
2018年12月9日

ポーズのとりやすいヨガウェアでコーディネートを

ヨガを楽しむには、機能性とファッション性を兼ね備えたアイテムを選ぶと、モチベーションが上がります。

最近は形からデザインに至るまで、多くの種類のヨガウェアが売られていますから、選ぶのも楽しみの一つと言えるでしょう。そこで、ヨガウェアの選び方や代表的なアイテムなどを見ていきましょう。まずは「選び方」です。ヨガのポーズは沢山ありますが、どのポーズも関節を伸ばすことが多いです。その動きがスムーズに行えるよう腕や脚の関節部分に充分に伸縮性のあるものを選ぶといいでしょう。また全体的に締め付けの強いものはゆったりとした呼吸を大切にするヨガには不向きです。

程よくフィットし程よくゆとりがある、そんなウェアを選ぶ事が大切です。素材は出来るだけ速乾性の高いものを選ぶと沢山汗をかいた時なども快適です。次に「代表的なアイテム」をいくつかご紹介します。「ハーフトップ」・・フィットネスクラブなどの多く汗をかくプログラムでは着ている方を多く見かけます。ヨガで着用した場合、呼吸による横隔膜からお腹にかけての上半身の動きがよくわかります。「キャミソール」・・・上腕が動かしやすく、肩の動きも良く見えるために人気のトップスです。ポーズの最中に肩からはずれたりしないよう、肩紐はしっかりと伸縮性のあるものを選ぶと良いでしょう。

「ガウチョパンツ」・・・腰周りがゆったりと作られていますので、伸縮性のある素材のものを選べば、股関節を伸ばすポーズに適しています。色やデザインなどとても豊富にありますので、ヨガウェアをファッションとして楽しむには最適のアイテムです。「スパッツやレギンス」・・・定番のボトムといえます。伸縮性があるため、どんなポーズにも対応します。また体の動きがよく見えるため、ポーズの確認もしやすいという利点があります。ポーズがはっきり示せるためインストラクターの方も多く使用しているアイテムです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *