ヨガウェアを着てみた
2018年7月9日

日本でもeスポーツがブームになりつつある

eスポーツというのは、コンピューターゲームの強さを競い合うもののことです。

コンピューターゲームの中には、対戦ができるタイプのものがあります。FPSシューターや、リアルタイムストラテジー、さらには格闘ゲームやスポーツゲームなど、ゲームの上手さを競い合うことのできるものは少なくありません。その一つ一つで、日夜激しい戦いが繰り広げられているのです。世界的な大会が開かれていて、優勝すれば賞金が得られるタイトルも多いです。

格闘ゲームなら、優勝賞金100万円程度の大会なら週末ごとに世界中で行われているぐらいです。リアルタイムストラテジーの世界では、優勝賞金が数千万円のタイトルもあります。ゲームが強いだけで生活がしていける時代が到来したと見る人もいます。韓国やアメリカでは、すでにeスポーツというのはある程度根付いています。有名なプロゲーマーも登場してきていて、芸能人と同じような扱いを受けています。

年収一億円を超えるプレイヤーもいて、非常に儲かる仕事の一つにまで成長しているのです。日本はそういった面で遅れをとっていたのですが、近年ようやく専業プロが生まれました。現在では数十人というプロゲーマーがいて、日々ゲームの腕を磨いています。プロゲーマーになるための専門学校まで登場してきて、今後さらに注目がされていくものだと見込まれています。現在における将棋のプロと似たような存在になっていくものだと、一部では考えられています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *