ヨガウェアを着てみた
2018年6月15日

ホットヨガを行う際にぴったりのヨガウェア

ヨガにもさまざまな種類のものがあげられますが、高温多湿の空間で行うものがホットヨガです。

高温多湿の環境は、ただそこにいるだけでもかなりの汗をかくものです。その中でヨガを行うということは当然のことながら大量の汗をかくことになります。このようなホットヨガに取り組む場合には、厚手の素材や汗を吸わない素材のヨガウェアを選んでしまうと、汗を吸い重たくなるので避けたほうがよいでしょう。また胸元にドレープがある種類や布面積の大きいサルエルパンツも、汗をたくさんかくことによって、体にくっつき不快感を伴うこともあります。

そのためホットヨガ行う際のヨガウェアは通気性や速乾性に優れた素材のものを選ぶことが大切です。このようなヨガの場合には、多くのスタジオで女性専用となっています。そのためやや露出が多いヨガウェアでも異性の目を気にすることなくヨガを楽しむことができるでしょう。Tシャツよりもタンクトップやキャミソールなどの少しでも面積が少ない衣類を選んだ方が、汗によって感じる不快感を少しでも軽減することにつながります。

インナーブラを中に着用するのもよいですが、カップ付きのトップスを選ぶことにより重ね着がなくなるので、それだけ快適に感じるでしょう。足からも大量の汗をかくことになるのでショートパンツやハーフパンツを選んでもよいですが、足をあげたときに下着が見えないようなデザインを選ぶことも大切です。通気性や速乾性のあるレギンスであれば、快適に動けるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *